日常あんなこと こんなこと

日常のさまざまな出来事や思ったことなど、色々書いていきます。

引っ越しの際に気を付けたいこと

卒業式も終わり、いよいよ新生活に向けての準備が本格化すると思いますが、引っ越しのことを少しお話ししようと思います。

私が20代半ばいってるか、いってないかくらいの時、
(当時の年齢の忘れました)
どうしても一人暮らししたくて、秋田から札幌へ引っ越すことに決めたんです。

当時はリゾートバイトで短期の仕事をやってましたから、
期間満了したあとは自由に時間が作れたので、
ちょうど秋頃でしたね、その時は。

荷造りにはちょうどいい季節。

引っ越し業者は日通で、単身パックみたいなやつだったと思います。
作業員は2人のおじさんでした。

なんとか無事に作業が終わり、あとは家を出る日を待つだけです。

あ、実家周辺の道路が狭い人は、引っ越しのトラックで
他の家の車の通行など、妨げになる場合も考えられます。

早めにご近所にその事を伝えておくと、トラブルになることはないでしょう。

実際私のとこも、家の前の道路は車1台しか通れない狭さなので、近所に
「◯日に引っ越しでトラックきて迷惑かけますが~」
みたいな挨拶しました。

そして、
引っ越し当日➡️札幌行く➡️これから住む部屋に向かう

という流れになりますが、ちょうどリゾートバイトで、
実家が札幌のそばだという人と一緒に仕事してたので、
札幌に詳しくない私を気遣ってくれて、当日一緒に来てくれたんです(ありがたい)

部屋に着くと、管理会社の人がいました。
挨拶をし、色々話をして、そのあとに荷物が届きました。

荷物を運ぶのが終わり、日通の人は帰っていきました。

で、

よく見たら、

ガスコンロの設置とかは私がやるの?
え、怖いんだけど。
引っ越し当日にガス爆発とか冗談じゃねぇ。

と、ただ荷物を置いていっただけでした。

冷蔵庫とかはちゃんと指定した場所に置いてくれましたが、
ガス栓とかホースとかよく分かんねぇ状態で、
必死で説明書見て、なんとか爆発することなく火はつきました。

サービス悪いなぁ、それとも引っ越しってこんなもの?
よくわからないままその日は終了。

次の日も荷物整理。

荷造りは問題なかったんですが、
引っ越し先に持ってきた時が色々あったりします。
兄の時もそうでした。

ただ荷物置いて帰っていった。
洗濯機や冷蔵庫など設置してくれなかった。など。

そのあとちゃんと連絡して、後日来てもらって、設置してもらったようですが…。

な の で!!

どうしても引っ越し当日は自分一人だけ。
という人は、こういうトラブルになる前に、ちゃんと確認したほうがいいです。

親や友達など、誰か一緒に引っ越しについてきてくれる人も
引っ越し業者に確認しておくといいでしょう。

設置とか全部やってくれると思い込んで、そんなトラブルになったら、せっかくワクワクしてた新生活初日が台無しです。

引っ越し作業がスムーズにトラブルなく終えたいですね。



で、結局私は札幌でなかなか仕事が見つからず、
(求人はたくさんあるけど自分に合うのが無かった)
約1年半の札幌生活に幕を閉じました。

そのあとはまたリゾートバイトでお金を貯めることにしました。

約10年前の話ですが、そんなことがありました。

新生活を送る皆さん、応援してます!!(^_^)




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村